ブログ

Ratchet Straps Web Lashing EN 12195-2

Ratchet Straps Web Lashing EN 12195-2

 

Ratchet straps are an important player in securing cargo for transport, and once you understand how to use them you’ll be wondering why you ever used anything else. They hold their tension with a built-in tensioner device and have rated weight capacities that make them a reliable and safe tie down choice.

EN 12195-2 Ratchet Straps

The web lashings made from man-made fibres according to the EN 12195-2 standard are a commonly used equipment for the cargo lashing. By means of the traction action obtained through a manual tensioning device, the web lashings hold the load by increasing the friction forces, in the case of the frictional lashing, or directly, in the case of the direct lashing.

The formulas contained in the EN 12195-1 standard require, for the calculation of lashing, the specific parameters for web lashing according to the EN 12195-2 standard. Therefore, the use of web lashings not approved according to this standard does not allow the calculation of the lashing according to the EN 12195-1 standard, and ultimately does not allow to comply with the cargo securing requirements in case of technical roadside inspections introduced by the Directive 2014/47/EU on the technical roadside inspection of the roadworthiness of commercial vehicles circulating in the Union.

The current edition of EN 12195-2 is the 2004 edition.

 

Web lashings main features

Web lashings usually consist of two branches with a manual ratchet on the short branch. The ends of the web lashings belts can have different types of hooks or rings, to properly fix the lashing in or on lashing points on the vehicle or on the cargo.

The ratchet shall always be manually operated, without the aid of levers or other mechanical devices, and shall be blocked during transport.

Some lashings are equipped with a built in tension indicator, for an immediate visual check of the tension force reached following the action on the ratchet.

The image below, present on the Würth website at this address, shows a typical example of a web lashing for cargo securing.

Ratchet Straps Web Lashing EN 12195-2

Typical web lashing for the cargo securing, image taken from the Würth online catalog

Web lashing label

Web lashings approved according to the EN 12195-2 standard are provided with a label describing the technical specifications, as shown in the example below.

Ratchet Straps Web lashing label according to EN 12195-2 standard
Ratchet Straps web lashing label according to EN 12195-2 standard

The content of the label is of fundamental importance for the correct selection and use of the web lashing. Below is a brief description of the main parameters contained on the label.

Web lashing strength

LC: lashing capacity. It is the maximum allowed force, expressed in daN, that the lashing device is designed to sustain in use. This is the parameter required to calculate the securing of the cargo in case of direct lashing, according to the provisions of the EN 12195-1 standard.

SHF: standard hand force of a lashing. It is the load, expressed in daN, which represents the maximum action that can be performed manually on the tensioning device. In practice, it is the maximum force, corresponding to about 50 kg, with which an operator can act on the ratchet to tension the lashing.

STF: standard tension force. Residual force after physical release of the handle of the tensioning device after an action equal to SHF = 50 daN. This is the parameter that is used to calculate the securing of the cargo when frictional lashing is used, according to the provisions of the EN 12195-1 standard. The higher the value of the STF parameter, the greater the lashing performance of the equipment. In fact, with the same action on the ratchet, equal to 50 daN, a web lashing with a higher STF value guarantees a greater residual tension than a web lashing with a lower STF value. Web lashings that do not have the STF parameter shown on the label shall not be used for frictional lashing, but can only be used for direct lashing.

Web lashing material

The color of the label represents the material of the fiber:

  • Blue: web made of PES, polyester. It is a material resistant to mineral acids, but subject to alkali attacks.
  • Green: web made of PA, polyamide. It is a material potentially immune to the effects of alkalis, but subject to attack by mineral acids.
  • Brown: web made of rete di PP, polypropylene. It is a material that is not subject to the attack of acids and alkalis, therefore more suitable than polyamide and polyester lashings for use in environments requiring high resistance to chemical agents

Recommendations for the correct use of web lashings

Web lashings represent are a valid method for the securing of the cargo, as they are versatile, they adapt to loads of different shapes and sizes and allow various lashing configurations to be adopted. However, for correct use and to ensure safety during transport, some simple but essential rules must be observed:

  • Web lashings shall be approved according to the EN 12195-2 standard and the information contained on the label must be legible;
  • The minimum number of lashings to be used, based on the specifications, shall be calculated according to the formulas contained in the EN 12195-1 standard;
  • Web lashings shall not show signs of weakening, such as tears, lacerations, or signs of wear. Similarly, the hooks at the ends of the belt shall not show any deformation. The belt shown in the photo below is damaged and shall not be used.
EN 12195-2 Example of a damaged web lashing
Example of a damaged web lashing
  • Web lashings shall not be used if knotted;
  • Web lashings shall be protected from contact with sharp corners of the load or of the vehicle, as this could damage the lashings causing them to break. In this regard, corner protectors shall be used, which among other things allow to reduce the friction between the belt and the load, ensuring a more uniform distribution of tension on all the branches of the belt. In addition, the corner protectors hold the belt in place and allow it to be used even on irregularly shaped loads;
  • As far as possible, it is advisable to periodically check the state of tension of the web lashings during transport and, if necessary, to restore them by the driver. Small settlements and vibrations could in fact cause a decrease in the tension of the web lashings limiting their effectiveness, especially in case of frictional lashing.

 

 

アプリケーションに適したアセンブリまたはサイズを決定する際にサポートが必要な場合は、弊社のスペシャリストにメールでご連絡ください sales@lg-lifting.com for assistance.  🙂

How To Choose Fishing Net Float?

How To Choose Fishing Net Float?

 

Fishing with floating ball, such as EVA, PVC, EPS, PE material, the product adopts the high quality material, variety, complete specifications, the product have a spherical or oval, cylindrical and square plate, such as more than one hundred kinds of specifications, widely used in the net, a gill, cages and fish, as well as for decorative, protective, isolation, floating, marking, etc.

♦ PVC fishing net float

PVC floating ball is a traditional product, widely used in fishing, shallow sea aquaculture and other industries, is PVC closed cell foamed plastic, can be used on water and underwater, strong corrosion resistance, smooth surface, not easy to attach to Marine algae organisms, with reinforcing ring at both ends to increase wear resistance, light weight, large buoyancy, high cost performance.

 

PVC Fishing Net Floats for Commercial FishingPVC Fishing Net Floats for Commercial FishingPVC Fishing Net Floats for Commercial FishingPVC Fishing Net Floats for Commercial FishingPVC Fishing Net Floats for Commercial FishingPVC Fishing Net Floats for Commercial FishingPVC Fishing Net Floats for Commercial FishingPVC Fishing Net Floats for Commercial FishingPVC Fishing Net Floats for Commercial Fishing

 

♦ EVA fishing net float

EVA floating ball is especially suitable for large-scale Seine operation at sea. Its products are exported to more than 60 countries and regions in Southeast Asia, the Middle East, America, Africa and Europe, etc., and are well received by customers. It has become one of the main production bases of floating ball series in Asia and enjoys a high reputation among customers at home and abroad.

EVA float balls are widely used in deep-sea fishing, deep-sea aquaculture and other industries, especially suitable for large-scale Seine operation in the far sea. At present, developed countries in the world such as Europe, America, South Korea and Japan are using such products. Its characteristics are: high content of science and technology, small bubble pore, uniform; The surface of the floating ball is smooth, and it is not easy for Marine algae to attach and grow, which can reduce the resistance of floating in the water. Stable and reliable performance, can withstand high pressure and pressure sudden change, excellent resilience, wear resistance, tensile strength, lengthen the service cycle, reduce the user’s use cost.

  EVA Fishing Net Floats for Commercial Fishing China manufacturerEVA Fishing Net Floats for Commercial Fishing China manufacturer

 

♦ EPS fishing net float

The material of this product is made of compressed foam particles, which is anti-rot, anti-freeze, anti-oxidation and anti-ultraviolet material. It is not eroded by sea water, chemicals, agents, oil stains and aquatic organisms. It does not damage the environment and is a supporting product for cage culture.

The surface of buoy adopts reasonable design, safe and stable, circular shape to avoid installation difficulties. High bearing capacity, stable, durable, single float bearing capacity in 170-300kg or more. The service life of this product is at least 8-10 years, in addition to the strong natural force and artificial improper use, almost no need to spend any maintenance, repair costs. Simple assembly, fast, flexible, diverse modeling, the overall use of module structure, can meet the needs of various conditions, quickly change the platform modeling; The cost is reasonable, economical, from the long-term point of view, can save a large number of maintenance, maintenance, replacement, overhaul costs and time. This product can also add related supporting equipment, such as bollard guardrail, landing side bridge, etc., can berthing ships of various sizes; And because of the buoyancy characteristics of the floating platform, it can rise and fall automatically with the water level.

 

EPS float ball is widely used in aquaculture industry, is an excellent substitute for PE float ball. Features are: easy to small, water and underwater can be used, plasticity, low production cost, large buoyancy (100~300Kg), anti-aging, long service cycle.

 

EPS Fishing Net Floats for Commercial FishingEPS Fishing Net Floats for Commercial Fishing

 

♦ PE fishing net float

PE floating ball shell is made of 100% medium and low density polyethylene, medium density polyethylene floating body is made of advanced rolling molding process. The product is formed once without welding seam, fully closed, corrosion resistant, impact resistant, no leakage and cracking concern, and is filled with polyurethane closed foam inside. Product buoyancy, even if the shell is damaged does not affect the use. It is mainly used for buoyancy support of river lake and ocean dredging pipeline. It is a substitute product for traditional steel buoy tip. Specific use, shape, model, specification, size, can be customized according to customer requirements.

PE floating ball product performance characteristics:

1, PE floating ball floating body has good toughness and excellent impact resistance, especially suitable for offshore construction.

2, PE floating ball floating weight is light, easy to install and handling, transportation and transfer cost is low.

3, PE floating ball floating body corrosion resistance, long life.

4, PE floating ball floating body price is low, the cost performance is obviously better than steel buoy.

Polyethylene Fishing Net Floats for Commercial Fishing

 

 

あなたは電子メール私たちの専門家で、あなたのアプリケーションのための右の組み立てやサイズを決定する助けが必要な場合sales@lg-lifting.com for assistance.  🙂

Uボルトをインストールして使用する方法?

Uボルトをインストールして使用する方法?

 

Uボルトは、湾曲したベースまたは正方形のベースから上に伸びる2つのねじ付きアームを備えたU字型のボルトです。 ボルトの特殊な「U」字形は、U-ボルトに非常に優れた安定性を提供します。

Uボルト一般に、コンクリートにねじ込み式のロッドまたはボルトの付属品を取り付けるためにビジネス構造で使用されるタイプのファスナーです。 取り付け後は、結合材にめねじが付いたままになり、ねじ付きロッドまたはボルトが付いています。

 

インストール方法Uボルト?

次の5つの手順に従って、Uボルトが正しく取り付けられていることを確認します。

ステップ1:ナットを外す
Uボルトは、おそらくそのねじに取り付けられたナットが付属しています。 ボルトの両側からナットを外すことから始めます。

ステップ2:Uボルトを配置する
梁またはサポートに取り付けるオブジェクトの周囲にUボルトを配置します。 このオブジェクトは通常、配管またはチューブです。

ステップ3:穴を調べる
次に、サポート構造に適切に穴を開けます。 ビームをドリルスルーした場合は、その保護コーティングを損傷していないことを確認してください。 コーティングに亀裂があると、穴の周りが錆びることがあります。 この段階では、ボルトを追加する前に、穴の周りの梁の表面を修正するのが賢明です。

ステップ4:ボルトを通す
ボルトの両端を穴に通し、Uボルトの両端にあるナットをねじ込みます。

ステップ5:ナットを締める
拘束上のナットの配置はガイドとは異なることに注意してください。 拘束具を使用している場合は、梁の底面にあるナットを締める必要があります。

ガイドの場合は、ビームの上面に1つのナットを配置し、下面に1つのナットを配置する必要があります。 これらのナットにより、配管とUボルトの適切な間隔が確保されます。

ナットが取り付けられたら、まずビームに最も近いナットを手で締めます。 最後に、両端の2番目のナットを締めます。 これにより、Uボルトが所定の位置にロックされます。 次に、電動工具またはレンチを使用して、ナットが固定されるまで締めます。

 

以下のステンレス鋼のUボルトの選択肢をご覧ください。

How to install and use U Bolt

ステンレス鋼製UボルトTPNタイプ、プレート2個およびナット付き

 

 

より多くのステンレス鋼のUボルト

 

あなたは電子メール私たちの専門家で、あなたのアプリケーションのための右の組み立てやサイズを決定する助けが必要な場合sales@lg-lifting.com 支援のため。 🙂

シェードセイル構造を計画する方法–シェードセイルの取り付け

シェードセイル構造を計画する方法–シェードセイルの取り付け

 

シェードセイル構造を計画するには?

サンシェードの帆はさまざまな方法で配置できます。

  1. すべてのコーナーが同じ高さにある水平方向。
  2. プライバシーフェンスのように垂直方向。
  3. 帆が重なる傾斜と角度。
  4. または、いくつかのコーナーが高く、一部が低いところ。

 

何をカバーしたいか、何をデザインしたいかについては、すでにお気づきでしょう。まだ決まっていない場合は、1つまたは複数のデザインのデザインのアイデアをいくつかご紹介します。

 

 

水平の帆は見るのがつまらないかもしれませんが、完全に垂直の帆はより多くの風を受け、より重い負荷を生み出す可能性があります。

最も視覚的に魅力的な状況は、2つ以上のシェードセールが使用され、セールの取り付け高さがコーナーからコーナーへと劇的に変化する場合です。

取り付けポイントを3フィート以上の高さの変化に設定すると、視覚的に素晴らしい外観になります。

設置の前に、存在する可能性のある関連する建築規制について地方自治体に確認し、支柱の穴を掘る前に、地下サービスについて地元の電力会社に確認してください。

シェードセイルはどこに置くのですか?

取り付けを開始する前に、シェードセールに最も適した場所を検討することが非常に重要です。 次の点を考慮してください。

  1. シェードセールのサイズ。
  2. アンカーポイントとなる既存の構造物の強度。
  3. 適切な固定ポストを挿入する機能;
  4. バーベキューグリル、ファイヤーピット、およびその他の高熱源の場所。
  5. 太陽の方向と経路の追跡。
  6. お住まいの地域で予想される典型的な最大風速。

 

シェードセールの各コーナーに適切なアンカーポイントを見つけます。 これらは、張力がかかったときにシェードセールの素材のひずみを受けるのに十分な強度である必要があります。
アンカーポイントは次のとおりです。

  1. 壁または強い梁
  2. 適切な木
  3. 地面に設置された直径100mm以上の木製支柱。
  4. 地面に設置された直径48mm以上の金属製ポール。
  5. 回転式洗浄ラインのように、地面のスリーブに取り付けられた直径48mm以上の金属製ポール。

固定ポイントは、地上7フィート10インチ以上である必要があり、風の強い状況で日陰の帆の全重量を支えるのに十分な強度があることが非常に重要です。

風は固定部分のシェードセールのストレスを大幅に増加させる可能性があるため、追加の抗力に耐えられることを確認することが重要です。
注意:疑問がある場合は、ビルダーまたは構造エンジニアからアドバイスを得る必要があります。

投稿

ポストを設置する必要がある場合は、幅48mmの亜鉛メッキ鋼で厚さ4mmにする必要があります(必要に応じて簡単に塗装できます)。

追加の強度と安定性を提供するために、ポストは、シェードセールの中心から少なくとも10度の角度である必要があります。

基礎
最大16フィート5インチのシェードセールのポストのフーチングは、400mmの正方形と800mmの深さである必要があり、より大きなサイズの場合、これは400mm x 1200mmに増えるはずです。

基礎
コンクリート
コンクリートは、支柱の周りにしっかりと詰め込まれ、水が支柱の周りに集まらないように、上部が少し外側に傾斜している必要があります。 シェードセールを取り付ける前に完全に固まるように、これを最低48時間放置する必要があります。 ラピッドセットコンクリートの使用はお勧めしません。
1.固い地面
支柱の基部に深さ100mm、砂利20mmを置きます。 アングルにコンクリートと支柱を追加します。
2.軟弱地盤
穴の底に100mmの深さのコンクリートを注ぎ、しっかりしたパッドを提供します。 これを設定できるようにします。 ポストのベースに砂利を追加します。 アングルにコンクリートと支柱を追加します。

適切な場所を決定したら、シェードセールを地面に配置し、各コーナーでテンションをかけるためにさらに10%を確保する必要があります。

より大きなギャップの場合、より離れた固定点に到達するために、ステンレス鋼ケーブルなどが必要になる場合があります。

木を固定点として使用する場合は、少なくとも直径250mmにする必要があります。

設定方法は?

固定アクセサリのいくつかの可能な組み合わせ

セイルシェードを接続する
必要に応じて、固定アクセサリを取り付けポイントに接続します。すべてのアクセサリがセールの中央に面し、しっかりと固定されていることを確認します。

緊張
セイルシェードを接続するには、まず調整可能な固定具を取り付けポイントに取り付け(セイルシェードの中心に面していることを確認)、次にストラップテンショナーを使用してセイルシェードをこれらに取り付け、セイルシェードをできるだけしっかりと伸ばします、これを最終的な張力と調整のためのターンバックルに置き換えます。

以下のシェードセールハードウェアセレクションをご覧ください。

重要:セールの固定アクセサリのうち少なくとも2つは、張力をかけているデバイスでなければなりません。

ロープまたはチェーンを使用して、必要に応じて帆を固定点まで延ばすことができます。自分の設置に最適な固定アクセサリを選択してください。


Stainless Steel Commercial Turnbuckle Hook/Hook European frame type China manufacturer supplier

トランバックル :シェードセールコーナーリングを固定ポイントに取り付け、シェードセールに張力をかける。


Stainless Steel D Shackle

足かせ :シェードセールコーナーをパッドアイまたはアイボルトにリンクするために使用します。


Stainless Steel Diamond Pad Eye Plate

パッドアイ :Dシャックルと組み合わせてシェードセールコーナーリングを壁に取り付けるため。


s hook stainless steel

Sフック :シェードセールコーナーをアイまたはアイボルトにリンクするために使用します。


Plain Eye Bolt

アイボルト :木材のスタッド、スチールポール、またはスライドサポートを介してシェードセールコーナーリングを取り付ける。


Snap Hook DIN5299 Form C Stainless Steel

スナップフック :シェードセールコーナーをパッドアイまたは一時的な使用にリンクするために使用されます。


Stainless Steel 304/316 Swage Jaw Terminal swage socket

ターミナル :安全で信頼性が高く、特殊なスエージングまたは圧着工具を必要としないさまざまな端子を提供しています。


Stainless Steel Rigging Screws Jaw To Swage Stud aisi 316 China manufacturer supplier

リギングネジ :リギングスクリューは、パイプ内のねじ山を隠すように設計されており、シェードセイルリギングの外観をより合理化し、スクリューアイやアイボルトなどのさまざまなステンレス鋼の固定具や取り付け具に取り付けるように設計されています。


Shade Sail Hardware Kit Mounting Hardware Stainless Steel China manufacturer

シェードセイルハードウェアキット

トライアングルタイプセットには次のものが含まれます。2xターンバックル、3 xパッドアイ、3 xカラビナ、12 xアイプレート固定用ネジ。
スクエアタイプセットに含まれるもの:2 xターンバックル、4 xパッドアイ、2 xカラビナ、16 xアイプレート固定用ネジ。


 

 

 

あなたは電子メール私たちの専門家で、あなたのアプリケーションのための右の組み立てやサイズを決定する助けが必要な場合sales@lg-lifting.com 支援のため。 🙂

作業負荷制限を超えないでください

作業負荷制限を超えないでください

 

 

作業負荷限界
これは、カタログ全体で使用される用語です。 ただし、あります。 業界で使用されているその他の用語であり、作業負荷制限という用語と互換性があります。 これらは、WLL、SWL、安全動作負荷、定格負荷値、結果として生じる安全動作負荷、および定格容量です。

 

作業負荷制限を超えないでください。

使用荷重制限は、製品が新しく、荷重が均一に加えられている場合でも、製品に加えられるべき最大荷重です-直線引張りのみ。 サイドローディングは避けてください。 すべてのカタログの定格は通常の環境条件に基づいており、極端な高温または低温、化学溶液または蒸気、塩水への長時間の浸漬などの異常な状態を考慮する必要があります。このような状態またはリスクの高いアプリケーションでは、作業負荷制限。

 

溶接と改造は作業負荷制限に影響します

製品が溶接またはその他の方法で変更されている場合、使用荷重制限は適用されません。 また、各アプリケーションの作業負荷制限を決定するのは、エンドユーザーの最終的な責任であることにも注意してください。

 

コンポーネントの作業負荷制限は一致する必要があります。

ワイヤーロープ(またはチェーンまたはコード)で使用されるフック、リンク、シャックルなどのコンポーネントが、適切な安全保護を提供するのに適した材料サイズと強度であることを確認してください。 アタッチメントは正しく取り付けられている必要があり、使用する製品と少なくとも同等の使用荷重制限が必要です。 覚えておいてください:どのチェーンも最も弱いリンクと同じくらい強いだけです。

 

上げられた負荷。

クレーンやホイストで作業したり、荷物を引っ掛けたり配置したりするのを助けるすべての従業員は、荷物の下に立ち入らないように指示する必要があります。 安全性の観点から、1つの要素が最も重要です。すべての吊り上げ操作は、機器の故障が発生しても人的被害が発生しないような方法で行ってください。 これは、上昇した荷重の下に置かず、あらゆる荷重の力の線に触れないことを意味します。

 

衝撃荷重。

作業負荷制限を超える可能性があり、作業負荷制限が適用されないため、負荷の衝撃、ジャーク、スイングを避けてください。 衝撃荷重は通常、静的荷重よりも大幅に大きくなります。 衝撃荷重を避けてください。

 

定期的に製品を点検してください。

定格容量で無期限に動作し続けることができる製品はありません。 定期検査は、製品を交換する時期を決定し、談合の危険を減らすのに役立ちます。 目に見える損傷、亀裂、摩耗、伸び、錆などがないか確認します。損傷の程度が疑わしい場合は、問題のアイテムをすぐに廃棄してください。

このような破損により、負荷が故障したり、制御不能になったりして、重大な怪我や死亡、および重大な物的損害が発生する可能性があります。

 

したがって:

the作業負荷制限(WLL)を超えないでください。

componentsコンポーネントを適切に一致させます。

a高い負荷の下に置かないでください。

shock衝撃荷重を避けてください。

products製品を定期的に検査します。

ワイヤーロープクリップ取り付けガイド

ワイヤーロープクリップ取り付けガイド

 

 

ワイヤーロープクリップ 終端処理を行うために広く使用されています。 クリップは2つの基本設計で利用できます。 U-ボルトと握りこぶし。 両方のタイプの効率は同じです。
Uボルトクリップを使用するときは、クリップが正しく取り付けられていることを確認するために細心の注意を払う必要があります。 誤った取り付けは、作業負荷の制限を40%減らす可能性があります。 ワイヤーロープクリップの取り付けに関する一般的なガイドラインを以下に示します。

 

まず、使用前にワイヤーロープクリップを検査して、次のことを確認する必要があります。

•すべてのマーキングが読みやすい。
•ワイヤーロープクリップには、切り傷、ガウジ、クラックがありません。
•正しい寸法のワイヤーロープクリップが選択されている。
•パフォーマンスに影響を与える可能性があるため、溶接、加熱、または曲げによってワイヤーロープクリップを修理または変形しないでください。

 

そして、以下は新しいロープに適切なサイズのUボルトクリップを使用することに基づいています。

手順1.指ぬきまたはループから指定された量のロープを元に戻します。 最初のクリップは、折り返されたロープテールまたはロープの行き止まりから1ブリッジ幅に配置する必要があります。ワイヤーロープの行き止まりにUボルトを適用します。推奨トルクに達するまで、ナットを交互に交換します。

ステップ2. 3つ以上のクリップが必要な場合は、2番目のクリップをループまたはシンブルのできるだけ近くに当て、ナットをしっかりと締めますが、まだ指定されたトルクに達していません。

ステップ3. 3つ以上のクリップが必要な場合、追加のクリップを最初の2つに均等に配置し、ロープのたるみを取り、各Uボルトのナットを均等に、推奨トルクに達するまで交互に締めます。

手順4.最初の荷重を加えて、アセンブリをテストします。 この荷重は、使用時に予想される荷重と同じかそれ以上である必要があります。 次に、ナットを確認して推奨トルクで締め直します。

適切なリギングとメンテナンスの慣例に従って、ワイヤーロープの終端は、摩耗、乱用、および一般的な妥当性について定期的に検査する必要があります。 ナットの定期的な再締め付けは、1万回(使用頻度が高い場合)で、20.000回(例:3か月、6か月、毎年)行う必要があります。

 

また、必要に応じて、ナットの締め付けと締め直しを行う必要があります。
サポートライン、支柱ライン、牽引ライン、タイダウン、足場などの重要で高負荷のオーバーヘッド荷重には、鍛​​造クリップのみを使用してください。
可鍛性クリップは、正しい通常のワイヤーロープを使用してアイターミネーションアセンブリを作成する場合、およびハンドレール、フェンス、ガードレールなどの小さな負荷がかかる軽量用途にのみ使用されます。

 

中国LGサプライ あなたに高品質を提供 ワイヤーロープクリップニーズや要望に応じて、さまざまなサイズやデザインで。

例えば可鍛性ワイヤーロープクリップdin741鍛造ワイヤーロープクリップG-450ステンレス鋼ワイヤーロープクリップ.

どのタイプのチェーンバインダーを使用すればよいですか?

どのタイプのチェーンバインダーを使用すればよいですか?

 

 

チェーンバインダー ロードバインダーとも呼ばれるこれら2つの用語は、同じ意味で使用されます。 チェーンバインダーは、輸送のために大きな貨物をバインド、クランプ、アンカー、または固定するために使用されるツールです。 チェーンバインダーには、レバーバインダーとラチェットバインダーという2つの基本的なタイプがあります。

ラチェットバインダー

ラチェットチェーンまたはラチェット荷重バインダーとも呼ばれるこのデバイスは、ラチェット動作を使用してチェーンに張力をかけ、貨物を固定します。 ラチェットバインダーは、ラチェットハンドルと両端の2つのテンションフックで構成されています。

ラチェットバインダーを使用すると、レバーとネジが連動して、固定アセンブリに手動で加えられる力を増加させます。 その結果、レバーバインダーで必要とするよりも、張力をかけるためにハンドルを引く力がはるかに少なくなります。

ラチェットはまた、ゆっくりと安定した力の積み下ろしを可能にします。 これにより、体への過度のストレスや負担が軽減されます。 ラチェットバインダーは、ギア、ハンドル、爪、およびエンドフィッティングで設計されているため、レバーバインダーほどエネルギーがハンドルに蓄積されません。

ラチェットバインダーのもう一つの利点は、巻き取りがより安全であることです。 ラチェットバインダーの巻き取り距離は、通常8〜10インチで、レバーバインダーの2倍です。 ラチェットバインダーを使用すると、数分余分にかかる場合がありますが、より制御され、最終的にはより安全なプロセスになります。

 

レバーバインダー

スナップバインダー、レバーチェーン、またはレバーロードバインダーとも呼ばれます。 チェーンテンション装置は、てこ作用を使用して、負荷を締めて固定します。 両端にテンションフックが付いているため、このバインダーはラチェットバインダーよりも締めるのに強い強度が必要です。

レバーバインダーは、両端にテンションフックが付いた単純な機械であるレバーで構成されています。 レバーを使用して、タイダウンに加えられる力を増やします。 レバーはちょうつがい式に取り付けられており、テンションフックの一方の端を引っ張ることによってたるみを吸収し、ちょうつがいの周りにレバーを180度回転させるとロックされます。 レバータイプのバインダーを選択する利点には、次のものが含まれます。取り付けが簡単、可動部品が少ない(メンテナンスが少ない)。

 

定期的に荷重バインダーに摩耗、曲がり、ひび割れ、切れ目、ガウジがないか確認してください。 曲がりや亀裂がある場合–荷重バインダーを使用しないでください。

レバーバインダーのピボットポイントとスイベルポイント、およびラチェットバインダーの爪部分とネジ山を定期的に潤滑して、製品の寿命を延ばし、摩擦摩耗を減らします。

ステンレス鋼は、磁気ことができます

ステンレス鋼は、磁気ことができます

 

 

ステンレス鋼は、10.5%以上のクロム(Cr)と50%以上の鉄(Fe)で構成される金属合金の一般名です。 「ステンレス」と呼ばれていますが、「汚れに強い」という言葉の方が適しています。 ダークメタルです。 明るくするための2つのプロセス方法があり、どちらも表面処理です。

ステンレス鋼には3つの主要なクラスがあります。

1.オーステナイト:16%-26%のクロム(Cr)、6%-22%のニッケル(Ni)、および低炭素含有量の非磁性特性を持つクロム-ニッケル-鉄合金。 タイプ304(18%クロム、8%ニッケル)は、最も一般的に使用されるグレードまたは組成です。
2.マルテンサイト:10.5%-17%のクロムと注意深く制御された炭素含有量のクロム鉄合金。 それは磁気特性を持っています! タイプ420は典型的な例です。 主にナイフや台所用品に使用されています。
3.フェライト:17%-27%のクロムと低炭素含有量のクロム鉄合金で、磁気特性を備えています! タイプ430は最も一般的に使用されるフェライトです。

マグネットテストは、ステンレス鋼を検証する正しい方法ではありません。 ステンレス鋼は、成分とパーセンテージによって等級付けされます。 ステンレスは人工の合金です。 ニッケル含有量は、ステンレス鋼のグレードを決定します。 304ステンレス鋼であるためには、クロム含有量が18%以上である必要があります。 それは非磁性として始まります。 500トンのプレスがニッケルを圧搾した後、ニッケルの分布を変化させます。 ダイがステンレスを切断する場合も同じで、最終的に錆が発生する可能性が高くなります。 オーステナイト系ステンレス鋼を除いて、すべてのステンレス鋼は磁性です。実際には、304や316などの300シリーズのステンレス鋼ですが、300シリーズのステンレス鋼は、新たに形成されて初めて非磁性になります。 304は、プレス、ブラスト、切断などの冷間加工後にほぼ確実に磁性になります。最初は、冷間加工により、ステンレスに遊離鉄などの異物が取り込まれます。 次に、いくつかの箇所で金属の結晶構造がオーステナイトからマルテンサイトに変化します。 400シリーズのステンレス鋼(すなわち、マルテンサイト系ステンレス鋼)は磁性です。 より多くのニッケル(310および316グレード)を含むステンレス鋼は、冷間加工後も非磁性のままになる可能性が高くなります。

すべてのステンレス鋼は必ずしも非磁性ではありません

ステンレスは、プレス工程で使用される金型や工具から鉄イオンを拾うのが一般的です。 鉄イオンは磁性を引き起こし、後に小さなさびを引き起こす可能性があります。 お客様はステンレス製品を使用しており、腐食性が非常に高い場合を除き、錆に問題があることはほとんどありません。 アプリケーションが苛性アルカリの場合は、パッシベーションとアニーリングの両方のプロセスを経たステンレス鋼が必要です。 不動態化はステンレス表面の防錆性を高めます。 不動態化プロセスは、非磁性特性を完全に復元することを意図していません。 それは耐食性を高めるための比較的経済的な方法にすぎません。 不動態化プロセス標準はすべてのイオンを除去します。 アニーリングは、非磁性を回復し、耐食性を高める最も効果的な方法です。 ただし、このプロセスでは、ステンレス鋼の熱処理が十分に行われず、ゆっくりと冷却されると、ステンレス鋼の耐食性が低下します。 ステンレスの焼きなましはほとんど法外な費用です。 両方のプロセスを適用する場合は、アニーリング後にパッシベーションを行う必要があります。

Stainless Trawling Flexible Swivel,with Flat,WDF Type,Trawling Flexible Swivel,trawl swivel,trawling swivel,Fishing Flexible Swivel, fishing line swivel

Stainless Steel Can Also Be Magnetic

        当社のステンレス製品

スリング警告

スリング警告

摩耗、損傷、または過負荷のスリングは故障し、けがまたは死亡の原因となることがあります。

使用前に必ずスリングを点検してください。

摩耗または損傷したスリングの検査と除去に関するすべての規制に従ってください。

スリングの使用荷重制限を超えないでください。

作業環境に適したスリング材料を選択してください。

ワイヤーロープスリング

  • 使用前に必ずワイヤーロープの吊り鎖を検査してください。
  • 摩耗または損傷したスリングは絶対に使用しないでください。
  • ワイヤーロープスリングに過負荷をかけないでください。
  • すべてのねじれ、結び目、ねじれの自由なスリング。
  • スリングに荷物を落としたり、載せたりしないでください。
  • 負荷を分散します。 荷物の転倒を避けてください。
  • 腐食性溶液に浸さないでください。
  • 鋭い角の周りのパッドを使用してください。
  • フックを無理に押したり、ハンマーで叩いたりしないでください。

 

チェーンスリング

  • 使用前に必ずチェーンスリングを点検してください。
  • 摩耗または損傷したスリングは絶対に使用しないでください。
  • スリングに過負荷や衝撃を与えないでください。
  • すべてのねじれ、結び目、ねじれの自由なスリング。
  • スリングに荷物を落としたり、載せたりしないでください。
  • 負荷を分散します。 荷物の転倒を避けてください。
  • 腐食性溶液に浸さないでください。
  • 鋭い角の周りのパッドを使用してください。
  • フックを無理に押したり、ハンマーで叩いたりしないでください。
  • 摩耗または損傷したスリングの検査と除去に関するすべての規制に従ってください。

 

ウェブ&ラウンドスリング

  • 使用前に必ずウェブスリングを点検してください。
  • 摩耗または損傷したスリングは絶対に使用しないでください。
  • スリングに過負荷や衝撃を与えないでください。
  • 負荷を分散します。 荷物の転倒を避けてください。
  • すべてのねじれ、結び目、ねじれの自由なスリング。
  • スリングに荷物を落としたり、載せたりしないでください。
  • 紫外線に長時間さらさないでください。
  • 200°F以上の温度にさらさないでください。
  • 切り傷、刺し傷、摩耗から保護します。
  • 摩耗または損傷したスリングの検査と取り外しについては、すべての規制に従ってください。*